【マル秘】値引率を高める裏技?【三井ホーム】の外構見積を大公開!

さて、家づくりの打合せ当初、外構予算は300万円とお伝えしておりました。

事前に色々な外構プランや見積をブログ等で下調べしていたので、300万円あれば良い外構が出来ると思っていました。

外構 当初のプラン

しかし、最初に出てきた外構プランは

『あれれ。300万円も費やして、それだけしか出来ないの??』

と思うようなものでした。

こんな感じです。

特に立派な塀を作る訳でもなく、豪華な門扉を取付ける訳でもなく、駐車場も屋根無しです。

ただし、建物をコの字にして作った中庭については、外構でやることになっているため、ここの金額が割合として大きくなるのは致し方ありません。

300万円の内訳

先ずは、ざっくりと項目毎に金額をまとめます。(全て税抜価格です)

  • 仮設工事・・・69,000円
  • 土工事・・・108,000円
  • 駐車場コンクリート・・・543,830円
  • フェンス・・・302,730円
  • ポストと表札・・・65,200円
  • 植栽整地・・・713,700円
  • 中庭タイルテラス・・・999,070円
  • ウッドデッキ・・・129,200円
  • 立水栓・・・建物本体工事に含む
  • 諸経費・・・230,858円(工事費×8%)
  • 産業廃棄物処理費・・・39,500円
  • お値引き・・・156,088円(5%)

これらでちょうど合計300万円でした。

外構工事セット割引!?

さらに、三井ホーム提携の外構屋さんを使用してくれれば、ここから60万円のセット割引をしてくれるとのことです!

やはり、項目の中でも中庭タイルテラスは一番高かったです((+_+))

テラスは3.6m×3.6m(12.96m2)なので、平米あたり77,000円するってことですね。

そして、意外に高いと思ったのが駐車場コンクリート54万円!

見積では40.5m2と記載されているので、平米あたり13,400円です。

フェンスに至っては見積を見ても一体、何メートルなのか分からないような見積表記です。

図面から拾うと31mくらいだと思うので、m当たり9,800円程度でしょうか。

植栽の整地で71万円・・・。

それぞれ、ブログで単価を調べてみると随分高いことが分かりました。

そこで外構セット割引60万円なのですね。つまり20%割引ということなので

2割安くなれば、市場単価とトントンか、少し高いくらいですかね。

その後、家づくりの打合せを経て・・・

さて、家づくりの打合せを重ねるうちに、家の形も変わってきました。

大きく変更になったところは

図面左下にクランクが出来たことです。

ここはキッチンと浴室、両方から見える坪庭を追加しました。

坪庭を見ながら浴室を使用したいため、浴室のガラスは透明です。

したがって外部から浴室が覗かれないように坪庭のフェンスを高くする必要が出て来ました。

それから左上にあったウッドデッキ(129,200円)はコスト削減のため諦めました。

脱衣所から外に出る扉はそのまま残しましたが、出る必要性が出てくれば楽天市場で安いステップを購入しましょう!というところで着地しました。

それから右上の坪庭には、和室から眺められるようイロハモミジ等を植えますが

そこの植栽と、先ほどの浴室から見える植栽、中庭テラスから見える植栽、それぞれに照明を追加設置しました。

その中庭テラスの外部側については出入りの際に外の泥を引っ張ってくる可能性があるため、土の上に砂利を敷いて貰うことにしました。

上図にはカーポートが付いていますが、大変お値段の高い代物ですので今回は断念しました。

建物の間取りについて気になる方は、こちらへ

外構 最終見積

最初の300万円の見積について、高いという印象が強かったため他社さんにも相見積もりを取らせて貰ったり値引交渉はさせて頂きました。

見積交渉については別途、記事にしていますのでそちらをご覧ください。

それでは、最終見積を公開します!

青い欄が契約当初の見積

黄色い欄が最終見積です。

合計金額は293万円!

前回よりも、53万円ほど増えてしまいましたが、当初の予算内には収まりました。

駐車場コンクリートは階段等が追加になったにも関わらず、なぜか少し安くなっていますw

植栽整地については植える樹の高さを全体的に低くすることで樹のコストを下げ、71.3万円だったのを52.2万円に抑えることが出来ました。

しかし、植栽の照明3か所を追加したことで、プラス14.9万円

それから、浴室外部の坪庭フェンスで67万円が追加となりました。

外構 まとめ

結果として、やはり【三井ホーム提携の外構屋さん】は高いのだと思います。

家づくりの打合せでは設計担当とインテリアコーディネーターさん、外構担当さんが一緒になって打合せする機会もあったため、三井ホーム提携だと進行がやりやすい等というメリットもあります。

しかし、お値段を抑えたいのであれば、最初っから数社に相見積をとっておくことをお勧め致します(*‘ω‘ *)☆☆

またね♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最後までお読み下さり有難うございます♪

良かったら応援して下さると大変嬉しいです(*‘ω‘ *)♪

↓↓ポチっと↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。