【激白】ハウスメーカーが決まるまで(Episode-6)

大手ハウスメーカー 大和ハウス編

モデルハウスを見学

2021年10月31日(日)AM 10時 ハウスメーカー

この日、新しく出来た団地に建つ大和ハウス工業のモデルハウスに来ました。

9月18日から始まったハウスメーカー選び、三井ホームとSりん♪という、いわゆる2大ハイコストメーカーしか見に行っていませんでした。

そのため、父に『ミドルコストメーカーやローコストメーカーの家もきちんと見て比べなさい』と言われてしまい、他のところも見なきゃねぇ・・・と夫ットと話をしていたのですが、なかなか実行出来ずにおりました。

ローコストメーカーさんの展示場の前には行ってみたものの・・・。

これまで、たった2社との打合せ予定を入れるだけで、こんなに大変なのに・・・。これ以上、ハウスメーカーを増やすなんて無理ぃぃ( ;∀;)と思い

一歩が踏み出せずにいたのでした(;´・ω・)

かく言う大和ハウスさんも立派なハイコストクラスのハウスメーカーさんなのですが、三井ホームやSりん♪よりも少し価格帯が安いらしいので、どんなものなのかと思い見学させて貰うことになりました。

(もし、興味ありましたら、エピソード1からご覧下さいませ(*‘ω‘ *)ノ)

ハウスメーカーが決まるまで(Episode-1) – 平屋暮らし.com (hirayagurashi.com)

ハウスメーカー推奨 間取りプラン

あらかじめ、予約も取っていて、『こんな間取りで、こんな【こだわり】があって、このくらいの価格を希望しています!』という情報を送っていたので、既に図面等を準備してくれていました!

モデルハウスは土地込みで販売も兼ねているということもあり、割と標準的な造りでした。70坪程度の土地に延床面積33坪くらいの2階建て。とても素敵な家なのは見て取れましたが、これまで三井ホームさんに散々ワガママを言い、形にする作業をしてきた私たちには体力と気力が尽きかかっておりました((+_+))

提示して頂いた資料がこちらでした。

私たちの希望をきちんと汲み取って下さっていたのは、よく分かりましたが、和室とリビングの間にある壁が要らないなぁとか、リビング北側のスリット壁に囲まれた謎の空間はどう利用するの?とか、キッチン北側の空間がもったいないとか、ローリビングの南側の用途が思いつかない等々、色々と思うところはあったので、それらについてお伝え致しました。

そもそも、私がローリビングが余り好みでないので(老後の心配により・・・)、この間取りは無いかなぁーと思ったのでした。気になる【御値段】の方については、やはり2大ハイコストさんと比べると10~15%安いといった印象でした。

しかし、当日の午後にSハウスさんの展示場を見に行く予定があったため、本日のダイワハウスさんは、これにて終了。

大手ハウスメーカー Sハウス編

同日 PM 1時

大和ハウスのモデルハウスから車で45分ほど走らせたところにある展示場に到着しました。

実は夫ット、ずーっと昔からSハウスの家を素敵だなぁーと思っていたらしいのです。Sハウスさんは鉄骨造もコンクリート造も木造も何でも出来て、出来ないものは無いという凄いハウスメーカーさんです。

木造で、スパンを飛ばしたズドーンと広い空間を希望していたので、それを可能としたSハウスのシャーウッド構法を見学したいと思い、こちらへ来場したのでした。

さすが!展示場!

天井高3.7mのハイリビング、大きなキッチンダイニング、開放的なピロティ!

もう、広過ぎるし、オプション満載だし、かっこよすぎだし、すご!

もう騙されません!!

しかし、もう私たちは騙されません!!

展示場に巣食う魔物達を見極める目を、私たちはようやく手に入れていました(@_@)/

すごいねっ、これ、きっと●●万くらいするやつだよね、とか夫婦で話しつつ、営業マンさんのやりにくそうなことと言ったら、もう・・・。

その日は理想の間取りや、こだわりについてお話したり、営業さんが実際にSハウスで建てたマイホームの写真等を拝見したりしましたが、そのマイホームの写真があまり映えないものばかりだったせいか、Sハウスさんで実際に建てるとしたら、こんな落ち着いた感じになるのかしら?と、展示場とのギャップの大きさに少し戸惑いを覚えました。

そして、私たちが平屋を希望しているということで、次回はSハウスの工場見学と工場敷地内にある【山本さんち】という平屋のモデルハウスの見学をすることになり、その日を終えました。

Sハウス 山本さんち見学

2021年11月13日(土)

工場の敷地内にあるTomorrow’s Life Museumというテーマパークのような体感施設を見学しました。コロナ渦ということもあり私たちだけの貸切です!

耐震性や、使用する木材のこと、基礎の工法や屋根の納まり等、色々と見学させて貰いましたが、三井ホームさんも、Sりん♪さんも、こちらも超大手さんなので何の心配もしておりません。

そして、【山本さんち】の見学です。

山本さんが実際に住んでいるのではなく、実在しない山本さんという夫婦ふたりで暮らす平屋をカタチにしたのが、この【山本さんち】なのだそうです。そして、Sハウスさんには、【KOKAGE LOUNGE】という、屋根を大きな樹に例え、その大きな樹の下に広がる木陰の暮らしをコンセプトにした、とっても恰好良い商品がありますが、それを取り入れた造りになっていました。

(こちらは、KOKAGE の一例です)

LDKは、これまでに見た事がないような大空間になっていて、軒が下がる壁側は全面ガラス!水平に広がる庭の緑、素敵すぎで、衝撃的でした!

ただ、実際のところ、家具の配置とか難しいし、私たち夫婦でこれだけの空間は持て余してしまうね~という感想でした。

二人暮らしというよりは、大家族に住んで欲しいと思うような大空間でしたね。

素敵ではありましたが、これじゃないね。という結論に至りました。

夫ットの手描きプラン

私たちの方では、ほぼ理想の間取りについて完成しつつありました。

それを夫が手書きしてSハウスさんにお渡ししました。

Sハウスさんの設計士さんからは、『よく出来てますねぇ。もう、このまま建てても大丈夫そうですよ!』と言って頂き、夫ットもデレデレしておりました。

『このまま提案するのもアレなんで、色々と考えて次回ご提案させて頂きます!』ということで次回の予約となりました。

土地の重要事項説明を受け、いよいよ土地の契約も迫ってきていました。

三井ホームさんの提携ローンで、【つなぎ融資】を利用するか決めなければならなかったため

ゆっくりハウスメーカーを選ぶ時間もなくなってきていました。

近所の展示ハウス編

2021年11月19日(金)

週末も色々な予定でいっぱいになってきていました。なので、この日は夫抜きの私だけで打合せとなりました。一人で遠くへ行くのもはばかれたので、近所の展示場まで来て頂けることになりました。

御提案いただいた図面がこちら。

和室と主寝室を横長に変更し。さらに浴室があった部分にWICを配置して寝室との繋がりを形成。納戸を追加して洗面所・浴室を西側に張り出すように変更しています。そして、浴室から見る坪庭をキッチンから眺める坪庭と共有化していました。

さすがだなぁー!と感心致しました!

それに、リビングとダイニングの南側の壁の少ないこと!!

三井ホームさんやSりん♪さんならば、もっと壁が出てくるところ

Sハウスさんは開放的な空間に仕上げてきました。

外観もとても、かわいいです。

そして、Sハウスさんの見積大公開!!

ただ、かわいく無かったのが【お値段】・・・

7036万円!!

高い((+_+))、、三井ホームさんより高いなんて。。

時間に余裕がまだあれば、Sハウスさんとはもっと話をしていきたかったのですが

夫は三井ホームのJ所長と一緒に家を建てたい!

と言っているので、とても残念ですが、Sハウスさんをお断りすることになりました。

もし、もう一回お家を建てる機会があるならば

最初からSハウスさんとお話したかった!!と思います。最後にステキな間取りを御提案して下さり有難うございましたm(__)m

そろそろ、契約が近づいて来ました。

次回で【ハウスメーカーが決まるまで】シリーズ完結です。ここまで読んで下さり誠に有難うございます(#^.^#)♪

またね♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最後までお読み下さり有難うございます♪

良かったら応援して下さると大変嬉しいです(*‘ω‘ *)♪

↓↓ポチっと↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。