【激白】ハウスメーカーが決まるまで(Episode-4)

ハウスメーカー選び 平屋の世界へ

2021年10月3日(日)ハウスメーカー

さて先週見学した三井ホームの36.77坪の2階建てモデルハウスで、一気に評価が上がり

私たちが平屋も気になっているということで三井ホームの平屋(っぽい?)モデルハウスを見学することになりました。

↑三井ホームHP WESTWOODより引用(以下、同様)

https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/westwood/

平屋っぽいと言うのは、一部小屋裏部屋があるためです。

ですので、むしろ2階建てと言った方が正解ですかね・・・。

ただし、リビングや水回り、寝室などは全て一階にあるので平屋っぽい生活をコンセプトにしています。

なおかつ、2階両脇に小屋裏部屋を設け、中央をドカンと吹き抜けにしているため三井ホームさん得意の【m3設計】になっていて空間の拡がりがすごく恰好良いのです。

2階に2部屋、1階に寝室とLDK、浴室トイレという間取りでした。

リビングには南側にテラスがあり、更に南側に高窓、そして天井にはトップライトが2つもあるため、とても明るくて気持ちが良い空間です。

南側のお隣さん宅が近接しているため、テラスが若干薄暗くは感じましたが、やはりテラスを囲うような間取りって素敵だなぁと思いました。

一通り見て回ったあと、若い営業のU君と希望の土地の話などをしていると

J所長 登場!

そこへ、上司らしき方が途中参加されてきました。

先に結末をばらしてしまいますが、この方は大変提案力が高く、顧客の想いを汲み取る力にも長けていて夫は彼にぞっこんとなります。

『この人と一緒に家づくりをしたい!と思うようになり

そして、ハウスメーカー三井ホームに決める訳です。

頂いた名刺を見ると、○○営業所長という肩書きになっていました。

この辺りのグループ長のような方かなぁと思っていましたが

数か月経ったのちに知った情報によると、と~っても優秀な方だったようです。

この名刺の左上のキラキラしたところ、クラウンマークと200という数字があります。

なんと!優秀営業所賞受賞と累積建築棟数200棟達成の証なんだそうです。

おそらく、コンスタントに毎月1棟契約し、自分が契約した顧客の打合せをしつつ、部下が契約した顧客の打合せも並行しているのでしょう。本当にすばらしい方に出会えて良かったです。

間取りの提案

さて、J所長が登場したシーンに戻ります。

前回お伝えしていた土地候補地に、同じく前回お伝えした理想の間取りを元にして、さっそく図面を起こしてきてくれていました。

外観は完全にルーカスに寄せてきてました(笑)。でもステキです。

LDKが20畳になっていたので、もう少しゆったり広いLDKを希望することを伝え、キッチンについてはペニンシュラでの提案でしたが、Ⅱ型キッチン(シンクと加熱調理機が分かれているタイプ)で、壁側をIHコンロにし、横長窓を入れたいと伝えました。

寝室も7畳になっていたので、せめて8畳は欲しいことを伝たり、洗面台幅は170センチは欲しいと伝えたり、まぁ色々と注文を付けさせて頂きました!

それから、やはり2階に4.5畳の洋室については本当に必要だろうか・・・、高齢になったら絶対に使用しなくなるから、仏壇を置くことやゲストを泊めるための和室にすべきか・・・等とお話をし、その日の打合せを終了しました。

ふたたび、ミニルーカスにて

2021年10月9日(土)

一週間後、再び先々週見学させて貰った2階建てミニルーカスで打合せです。

さっそく新しい図面の登場です!

じゃ~ん!!

おや?

なんか、イメージから遠のいた感じがします・・・。

いびつな外観に、正面から丸見えのテラス、2階の用途に悩むホールと、僅か3畳の和室・・・

う~ん・・・と思っていたところ

J所長もおそらく同じことを思っていたのだと思います。

前日、J所長が手書きで代案を作成してきたと言うのです。

J所長の手描きプラン

外部からテラスへの視線を外構で止めていて、用途不明な2階ホールも消え、和室が4.5畳に変更

私たちが感じた負の要素を、ちゃんと修正してきてくれていました。

ハウスメーカーへ、私たちからの要望

それから、再び私たちから注文の連投が続きます。

ウォークインクローゼットはもっと大きく。

そしてキッチンはアイランドを希望。

ダイニングが傍にあるのでキッチン横のカウンターは不要。

そしてキッチンにはドイツのガゲナウ製のオーブンと食洗器、IHヒーターを入れたい。

続いて予算について、外構は300万円、照明とカーテンはそれぞれ30万円、キッチンはガゲナウを入れることで高額になりそうだが400万円くらい納めたい。

さらにテーブル・ソファ等のインテリアで200万円・・・。等々の打合せをしました。

間取りの話をしているときのJ所長の表情が、キラキラしていて、間取りの話をするのが本当に楽しそうでした。

夫も実は建築学科を卒業していて、これまでに沢山の間取りを描いてきていたので意気投合?なのか、二人でとても楽しそうに話していました。

帰りに展示場の玄関にて、お客様のプランですと、この展示場の玄関よりも広々した玄関になりますね~♪と再び目を輝かすJ所長!

あ~。この人と一緒に家づくりをしたいな!と改めて思っている夫をみた瞬間でした。

ハウスメーカー Sりん♪へ続く

明日はハウスメーカー Sりん♪との打合せです。

ハウスメーカー選びというのは本当に大変なのですね。毎週末の休みが完全に消えます。

ですが、この先おそらくずーっと住まう家を建てるのですから我慢ですよね♪

次回へ続きます。

ハウスメーカーが決まるまで(Episode-5) – 平屋暮らし.com (hirayagurashi.com)

(このシリーズ長くなって、すみません。その7で完結予定ですので、お付き合い宜しくお願いします。)

またね♪

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最後までお読み下さり有難うございます♪

良かったら応援して下さると大変嬉しいです(*‘ω‘ *)♪

↓↓ポチっと↓↓

PVアクセスランキング にほんブログ村


気に入ったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。